こちらも昨年末のお仕事ですが…

前回に引き続き、アップしそびれていたお仕事のご紹介です。 『AERA』16年12月19日号特集にて、大学のジオラマを作りました。 『AERA』16年12月19日号/朝日新聞出版 中央に明治時代の校舎、右に昭和の高度経済成長期の校舎、左に平成校舎です。 他にテニスコートや銀杏の木、人間等も作りました。 この後のページでも、たくさんのカットを掲載して頂いております。 建物を、背景ではなく単体で作るのは珍しく、いざ主役にしてみると、 明治、昭和、平成、それぞれに表情があり面白いです。 特に、高度経済成長期の校舎は母校の校舎をもろ参考にいたしまして、 実際の建築物を模してると、シンプルな様でいて意外と凝っていることに気づいたり、 もっと簡単に作れると思ってたんで、、なめてました。巨匠の建築。。 何の効果を狙ってわざわざこんなことをしているんだろう?等々、 意匠の勉強になりましたよ。 とはいえそんな細かいところ、この写真だと全然解りませんね! また今度、作品も単体でアップしたいと思います。 保存 保存 保存 保存 保存 保存 保存
カテゴリー 立体イラスト タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です