『AERA』20年6月1日号A/朝日新聞出版

『AERA』6月1日号 コロナ鬱人形作りました

ブログ、しばらくサボっていましたが、コロナ中もお仕事してました。
こちらは『AERA』6月1日号で作ったコロナ鬱人形です。マスクは着脱式です。
5ページ目の、慣れないリモートワークに喘ぐ男性のカットがお気に入りです。

『AERA』20年6月1日号A/朝日新聞出版 『AERA』20年6月1日号B/朝日新聞出版 『AERA』20年6月1日号C/朝日新聞出版

大なり小なり、多くの方があらゆるストレスを抱えているコロナ禍ですが、どうぞ皆様、無理をせず自分を大事にしてくださいね。

ところで、この一ヶ月くらい、ひたすら片付けをしてました。
その際、過去5年分くらいの『AERA』をザザーっと一気読みしたのですが、どの記事も少しも古びず興味深かったので、結構真剣に読んでしまいました。

コロナ禍で、政治の問題、排他的な差別、グローバリズムの弊害や自然破壊など、様々な問題が浮き彫りになりましたが、どれもこれも今に始まった話でなく、ここ数年で積もりに積もった問題が、コロナを機に一気に噴き出したという印象だったから、全てがリアルタイムに感じたのかもしれません。

考えてみれば個人的にも、掲載誌や制作物を片付ける暇がなく、ここ数年分のものが溜まりまくっておりました。気持ちを一新するために、日々片付けにいそしんでいます。

最近もレバノンや香港など、衝撃的なニュースがたくさんありますが、時代を見つめながらも惑わされず、自分のやるべきことをして行きたいと思っています。

ジフ&ドメスト こども食堂プロジェクト

おなじみの洗剤、ジフやドメストを購入すると、こども食堂への寄付になります。
こども食堂のサイト掲載中の立体イラスト、4人の子どもたちがプリントされた2本入りパッケージが対象商品です。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
店頭でお見かけになりましたら、よろしくお願いいたします。

サミットさんの店頭

ツルハドラッグさんの店頭

今週の『AERA』花粉症特集に立体イラスト

さて、3日間に渡り、巻き巻きでブログを更新してきましたが
やっと今週の話題にたどり着きました。
『AERA』19年2月18日号「花粉症 完全に治す」の特集で
花粉症のお姉さん作りました。

マスクは装着できるようになっています。
カメラマンさんが、見事に花粉が舞い散る背景を作ってくださりまして
見ているだけで、鼻腔がむず痒くなるようなこの画面!
いつも素晴らしい撮影技術に助けて頂いています。
ありがとうございます。

私は花粉症大丈夫なんですが、これ見ていたらちょっと
鼻がムズムズしてきました。。

最新治療の現場が取材されてますので、
花粉でお悩みの方は是非参考にしてみて下さい!

表紙でイラスト、本扉で立体イラスト掲載のムックです!

AERA Mook『災害からお金を守る』では平面と立体両方載せていただいてます!

表紙と目次は安心感あふれる平面イラスト!

本扉とインデックスには危機感あふれる立体イラスト!

両方載ってる本は、個人的にはなかなか希少。
意識してるわけじゃないのですが、テイスト違いますもんね。
同じ人の作品と、誰も気づかないだろうな…。

作風のジェンダーについて一考。

平面の方が、可愛くて優しくて女性的な絵柄が多いのですが、
過去作品を見て依頼されるので、偏りがちになるのかも。

平面は女性的なテイストのものの方が人気、
立体は男性的なテイストのものの方が人気、
というだけかもしれません。

実は過去作品では逆のパターンもあります。

こんな風に、諧謔的で男性的な平面(『日経アーキテクチュア』12年2月15日号掲載)も描いていますし、

こんな風に、可愛くて女性的な立体(オリジナル作品)も作っています。

一応断っておくと、ここで言う「男性的」「女性的」という言葉は
あくまで便宜上使っています。

どれもこれも、同じ人の作品と認識されにくいかもしれませんが、
同じ人間の中に、女性的だったり男性的だったり両方のジェンダーが入っていると思うので
自分にとっては、こういう出し方が自然です。
どちらを殺すわけでもなく、どちらも需要があることが嬉しいです。

この中間を埋めてく作品が沢山できていけば、
ある種の統合性が見えてくるのかな〜、なんて。

『SUUMOリフォーム』19年3月号にて立体イラスト掲載

さて今日も更新しますよ!
やっと最近の話になってきました。

『SUUMOリフォーム』19年3月号、「リフォーム完全読本2019」特集扉にて
立体イラストが掲載されています。

特集タイトルのイメージで、家の形に切り抜いた本の前で撮影という
デザイナーさんのアイデアが活きた可愛らしい誌面です。

リフォーム実例満載なので、興味のある方は覗いてみてください!

相続特集の立体イラストです

はい、どんどんいきますよー。
『AERA』18年12月31日-19年1月7日合併号での立体イラストです。
年末年始の号なので、帰省時に家族と話し合おうという特集です。

こちらは一見一家団欒の家族像、けれど腹の中ではそれぞれの思惑が…、
というようなストーリーを妄想して作りました。

ライティングやアングルによって様々な表情を見せる立体イラストなら
そんな人間の複雑な心理も色々表現できますよ。

今日は頑張って3連発出したので、このくらいにしておきます!

TOEIC特集で立体イラスト作りました

そしてこちらも9月発売です。
『AERA English 2018 Autumn & Winter』にて
TOEIC特集の立体イラスト作りました。

これは絶妙なバランスの立体で、撮影が大変でした。
英語ダメダメ人間としては、一番下で踏ん張ってる40代のオッサンに
親近感抱いてしまいますね。年賀状でも使っちゃったし。

こんな風に、こんなの無理!?みたいな立体イラストには
どんどん挑戦したく思っているので、ドシドシ無茶振りして下さい。

色々溜まってた掲載作品…、まずは…

普段は出版のお仕事がメインなのですが、
人形が作れるってことで、昨年秋からちょっと業種の違う造形のお仕事頂いてまして
通常の仕事に加えて、だいぶ忙しくなってました。
ようやくそちらを納品したので、滞っていたブログを更新していきますね。

まずはこちら。
『AERA with Babyスペシャル保存版』です。
もうかれこれ、昨年9月くらいだったかも。。

最近増えてる40代で母デビューと50代で父デビューの親子の人形作りました。
当初知り合いのご夫婦をイメージしてラフを描いてみたのですが、
デザイナーさんにブラッシュアップして頂いて、
なんかとっても親近感の湧く父親像が出来上がりました。
いますよね、こういう人(笑。

見出し読むと、頭痛くなってきますが、
高齢父母さんたちへの応援メッセージに溢れる一冊なので是非!

新年のご挨拶2019

明けましておめでとうございます。
正月ボケしまくってますが、2019年仕事始め、
ブログでも書いて気合い入れようと思います。

毎年、昨年作った立体イラストから年賀状を作っていますが
今年はこの人を採用。
なかなか大変なご時世ですが、このオッサンみたく
今年も乗り切って行こうと思います。

今年も何卒よろしくお願いいたします!

新宿大江戸線地下道にもカタログハウスの店LED広告板!

1ヶ月前くらいから、東京にも新宿駅にも
カタログハウスの店LED広告板が設置されました!

大江戸線A1出口マインズタワー口付近です。
人通りの少ない場所ですがお近くにお寄りの際は気にかけて頂けると嬉しいです。
ちなみにカタログハウスの店東京店はこの場所から徒歩3分!