『くっちーのおしえて中の人』Vol.2掲載されました

先月から通販生活ウェブサイトで連載中の、
『くっちーのおしえて中の人』Vol.2が掲載されました。

今回は、通販生活の個人情報取扱いに関する内容なので
カタログハウスに取材に行きました。
冒頭はこんな感じ。

パスワード設定のコツなどお役立ち情報も満載なので
是非ご覧になってみてください!
よろしくお願いいたします。

『くっちーのおしえて中の人』2018年〜/カタログハウス

通販生活のWEBサイトで漫画の連載始まりました

通販生活のWEBサイトで漫画連載
くっちーのおしえて中の人」始まりました。

インターネットがますます身近になってきて、
完全キャッシュレスの国もあるのだとか。
とはいえ、私も普段は粘土をこねてるようなアナログ派。
解らないことだらけです。

第一話はクレジットカードでのお買い物のお話ですが、
これからネットに関する様々な話題を取り上げてゆきます。
取材を通して苦手なデジタルを克服出来れば!

皆さん、どうぞよろしくお願いいたします!

第一話はこんな感じ↓続きはこちら

 

「山崎春美のカンレキ遁走曲」という展示に出品します

今週末の25日(土)から、山崎春美さん(文筆家、ガセネタ/TACO)が開催する
「山崎春美のカンレキ遁走曲〈ふうが〉」という展示に作品2点出品します。

ひとつは、昨年山崎さんたちと一緒に取材旅行して制作した、
モロッコのジャジューカ村イラストマップの原画(平面作品)、
そしてもうひとつは、現在制作中の新作、山崎春美人形(立体作品)です。

人形…、だいぶ魂宿ってきてまして、面白くなりそうなので、ご覧頂けると嬉しいです。
(山崎春美さんをご存じない方でも、本人たいてい在廊とのことなので、実物と見比べられます!)

ギャラリーページはこちら
facebookのイベントページはこちら

毎日よりどりみどりの豪華なイベントもありますので、
夏の終わりのお散歩がてら、お気軽にお出かけください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

新宿大江戸線地下道にもカタログハウスの店LED広告板!

1ヶ月前くらいから、東京にも新宿駅にも
カタログハウスの店LED広告板が設置されました!

大江戸線A1出口マインズタワー口付近です。
人通りの少ない場所ですがお近くにお寄りの際は気にかけて頂けると嬉しいです。
ちなみにカタログハウスの店東京店はこの場所から徒歩3分!

カタログハウスの店大阪店のLED広告板に立体イラスト掲載!

  • English (United States)
  • 日本語

えっと、梅雨、あったっけ?
…という感じで、早々にあけてしまい、
暑い日々が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今回は広告板に掲載して頂いた立体イラストのご紹介です。

カタログハウスの店ってご存知ですか?
新規リニューアルした大阪店のLED広告板にて、立体イラストを掲載して頂きました。

この7月から堂島地下街(dotica)にて掲示して頂いております。

東京では、新宿の大江戸線構内にも掲示されるみたいです。

小道具にて、通販生活お馴染みの商品たち、
バランスチェア、ビタクラフト・ミニ 両手鍋、マキタのターボ(掃除機)、メディカル枕を作りました。
バランスチェアなんか可愛くて、ミニチュアにするの楽しかったですよ。

こちらは制作途中のスナップです。

通販生活の商品を見て触って選べる、カタログハウスの店、
どこも和やかで楽しい雰囲気なので、是非足を運んでみてください。

そして大阪にお住いの方は、堂島地下街(dotica)にて、
LED広告板もご覧頂けると嬉しいです!

『神田外語大学 by AERA』2018年4月A/朝日新聞出版

『神田外語大学 by AERA』特集ページ立体イラスト

  • English (United States)
  • 日本語

『神田外語大学 by AERA』の特集にて、立体イラスト作りました。

こちら、一見雑誌に見えますが、雑誌風に作られた大学案内なのです。
今時の大学案内、いろんな工夫が凝らされていて面白いですね。

デザイナーさんのアイデアで、AIとともに歩む語学の未来をテーマを、
3見開き使ったストーリーを、立体イラストで表現してみました。

少し古典的なデザインのタイムマシンに乗り込んで、未来へ旅する人物とAI。
スマホのアプリも進化する現在、語学の未来は如何なるものなのか。

私の作る人形は、硬い粘土で作っていて、基本的には動かないのですが、
こんな風に服装なんかをちょっと工夫すれば、立ったり座ったり出来る様にも作れます。

いろんな言語の文字立体、ミャンマー語とか、ヘブライ語とか、タミル語とか、
今まで触れる機会のなかった文字を作るのも、とても面白かったです。

砂漠や未来のシーンで、ダイナミックな演出を凝らしてくださったカメラマンさんにも感謝!

『AERA』18年4月9日号/朝日新聞出版

『AERA』18年4月9日号巻頭特集にて立体イラスト掲載中

今週の『AERA』18年4月9日号巻頭特集、
『保険料「値下げ」の衝撃』にて立体イラスト掲載して頂いてます。
いつもながら、デザイナーさんの斬新なアイデアに
身悶えしながら楽しく制作しました。
人生ゲーム的なスゴロクの上に保険の営業マンを並べています。
気になる特集なので、是非覗いてみてください。

『AERA』18年4月9日号/朝日新聞出版

『「もしも」に備えるお金と知恵』

『人生100年「もしも」に備えるお金と知恵』立体イラスト表紙掲載

ムック『人生100年「もしも」に備えるお金と知恵』(朝日新聞出版)
表紙にて立体イラストを掲載して頂きました。

最近自分の周りでも、この手の話題がちょろちょろと…。
いや、ちょろちょろどころじゃないですね。頻発しています。

そういうお年頃なので、パラパラとめくるだけでも
切実な内容盛りだくさんで、ついつい読み込んでしまいそう。

たくさんの事例が参考になるので、介護問題などを抱えた方は
是非書店にて、お手にとってみてください。

『「もしも」に備えるお金と知恵』

『AERA』18年3月12日号/朝日新聞出版

星野源さん人形作りました

もう二週前の号になってしまいますが、
『AERA』18年3月12日号にて、星野源さんの人形を作りました。

『AERA18年3月12日号/朝日新聞出版

こちら、実はいつもよりかなり小さく作っています。
座りポーズで4.5cmくらい、コップのフチ子さんみたいなイメージです。
いつもは、立ちポーズで15cm前後なので、かなり小さいです。

でも写真に撮ると、大きさって解らなくなりますね。
写真で見ると大きく見えるようで、
いつものサイズでも、そんなに小さいの?って、よく言われます。

星野さんらしい、爽やかな誌面になり嬉しいです。
コピーも何だか泣けてきます!

『DIME』18年3月号立体イラスト撮影メイキング

今発売中の『DIME』18年3月号に、立体イラスト掲載して頂いています。
投資運用に関する内容なので、興味をお持ちの方はご覧になってみてください。

掲載ページは2色刷りなのですが、元のカラー写真があまりに素晴らしかったので、
編集の方にお願いして写真を頂戴し、掲載許可をいただきました。

こちらです!

…神業!
の一言に尽きます。
ついつい見とれてしまいます。

天使を吊り下げつつ、壮大な光の効果や、ドライアイスでの雲の表現等、
無理難題の雨あられなのに、見事に全てクリアして頂きました。

大きな照明機材をあっちにこっちに動かしながら、
時間をかけて丁寧に光の調整をしてくださり、その上で、
いい塩梅のスモークが撮れるまで、何回もシャッターを切って下さいました。

今までも、いろんなカメラマンさんに凝った撮影をして頂きましたが、
今回ばかりはもうホント、光の魔術師かと思いましたよ。感謝です!

2色刷りの掲載ページは、こんな感じに仕上がっています。

雰囲気は出ているものの、当たり前ですが、限界はありますよね…。

雲はドライアイスで表現しています。

この水の入った状態で、スモークだけを被写体周辺に残しつつ、
写真には写り込まないように、鍋をえっさかえっさか動かすのですが、
私、ついつい急いで動かして、立体に水をぶちまけてしまい…、
すっかり足を引っ張っておりました(幸い立体は無事でした)。

そして、サブカットとして、こんな絵面も撮りました。

ヤバイです(笑)。
こちらは毒にも密にもなり得る仮想通貨の警告を促すカット。
同じ立体とはいえ、見事にハマったので笑いました。

というわけで、ブツ撮りマスターあってこその立体イラストでございます。
素晴らしいカメラマンさんの手にかかれば、こんな世界も作れてしまいます。
皆様も、これだというテーマがあったら、是非挑戦なさってくださいね。