細野晴臣さんと笑福亭鶴瓶さん人形

ずっと、ブログを書きたいな、と思っていたものの、今年に入ってから息つく暇もなく。
ようやく少し落ち着いたので、お年賀以降の初投稿します。

まずは、お馴染みの『AERA』にて、21年2月22日号から4回、
細野晴臣さんと笑福亭鶴瓶さんの往復書簡の短期連載があり、
お二人の人形を作らせて頂きました。
普段、あまり好きではない政治家ばかり作っているので
好きな著名人を作れるのは嬉しいですね。

※原稿部分は著作権保護のためにぼかしています。

とはいえ、ファンの多いお二方なので緊張しました。
鶴瓶さんはキャラ化しやすいかと思いきや、立体だとそう簡単にはいきません。
スキンヘッドに近いスタイルの方は、頭の形一つで印象が変わってしまうのです。

この号に続いて4号続いて掲載されたのですが、
せっかく立体なので右向いたり左向いたり、いろんなアングルで撮影して頂きまして、
それがほぼ初対面のお二人の、かみ合う様なかみ合わない様な、
ちょっとくすぐったいやりとりにマッチしている感じがして、なんとも嬉しかったです。

濃厚な人生経験を重ねられたお二人の言葉はハッとすることばかりで、
こんな時代を生きていくヒントが散りばめられておりました。
どんどん盛り上がってきた…!というところで連載が終わってしまったので、
この続きをまたどこかで拝読できたらなぁ…と、切望しております。

今週の『AERA』花粉症特集に立体イラスト

さて、3日間に渡り、巻き巻きでブログを更新してきましたが
やっと今週の話題にたどり着きました。
『AERA』19年2月18日号「花粉症 完全に治す」の特集で
花粉症のお姉さん作りました。

マスクは装着できるようになっています。
カメラマンさんが、見事に花粉が舞い散る背景を作ってくださりまして
見ているだけで、鼻腔がむず痒くなるようなこの画面!
いつも素晴らしい撮影技術に助けて頂いています。
ありがとうございます。

私は花粉症大丈夫なんですが、これ見ていたらちょっと
鼻がムズムズしてきました。。

最新治療の現場が取材されてますので、
花粉でお悩みの方は是非参考にしてみて下さい!

相続特集の立体イラストです

はい、どんどんいきますよー。
『AERA』18年12月31日-19年1月7日合併号での立体イラストです。
年末年始の号なので、帰省時に家族と話し合おうという特集です。

こちらは一見一家団欒の家族像、けれど腹の中ではそれぞれの思惑が…、
というようなストーリーを妄想して作りました。

ライティングやアングルによって様々な表情を見せる立体イラストなら
そんな人間の複雑な心理も色々表現できますよ。

今日は頑張って3連発出したので、このくらいにしておきます!

色々溜まってた掲載作品…、まずは…

普段は出版のお仕事がメインなのですが、
人形が作れるってことで、昨年秋からちょっと業種の違う造形のお仕事頂いてまして
通常の仕事に加えて、だいぶ忙しくなってました。
ようやくそちらを納品したので、滞っていたブログを更新していきますね。

まずはこちら。
『AERA with Babyスペシャル保存版』です。
もうかれこれ、昨年9月くらいだったかも。。

最近増えてる40代で母デビューと50代で父デビューの親子の人形作りました。
当初知り合いのご夫婦をイメージしてラフを描いてみたのですが、
デザイナーさんにブラッシュアップして頂いて、
なんかとっても親近感の湧く父親像が出来上がりました。
いますよね、こういう人(笑。

見出し読むと、頭痛くなってきますが、
高齢父母さんたちへの応援メッセージに溢れる一冊なので是非!

『AERA』18年3月12日号/朝日新聞出版

星野源さん人形作りました

もう二週前の号になってしまいますが、
『AERA』18年3月12日号にて、星野源さんの人形を作りました。

『AERA18年3月12日号/朝日新聞出版

こちら、実はいつもよりかなり小さく作っています。
座りポーズで4.5cmくらい、コップのフチ子さんみたいなイメージです。
いつもは、立ちポーズで15cm前後なので、かなり小さいです。

でも写真に撮ると、大きさって解らなくなりますね。
写真で見ると大きく見えるようで、
いつものサイズでも、そんなに小さいの?って、よく言われます。

星野さんらしい、爽やかな誌面になり嬉しいです。
コピーも何だか泣けてきます!