10年前に書いた小説『ゼロ』

ちょうど10年前に初めて書いた小説です。

Loader Loading…
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

Download [4.19 MB]

落ち着いて読みたい方は上記ダウンロードボタンを押してお読みください。

あと4日で2010年代も終わるので、10年前、2010年代が始まる時に書いた小説を公開してみようと思いました。

今年は元号も変わって、それはそれで時代の移り変わりを象徴しているのですが、1970年代前半に生まれた自分にとっては、70年代は幼少時、80年代は思春期、90年代は青春期、0年代は社会人、そしてなんか大変だった10年代…という風に、西暦で区切って振り返る方が、自分自身も時代も見えてくる、という感覚があります。
10年代を迎える時の気分と今の気分がどう違うのか、まだ渦中に居すぎて冷静に判断できないけれど、矜持を正して皆様と共に新たな0を迎えたく公開してみました。

私は、絵を描き、立体を作り、それでも飽き足らず、絵本、文章、漫画など、あらゆる表現手段を子どもみたいにこねくり回してきました。手段とは音楽で言えば楽器の様なものなので、きっと内容に適した手段というものがあるのでしょうが、それが何なのか未だに突き止められずに年を重ねてしまいました。
四十にして迷わずとか、誰が言ったのか…。

もちろん文章なんてまるで素人で、とても小説だなんて言える代物ではないと思います。だからこっそり公募には出して(落ちた)けど、公開するには踏み切れなかった。
でも、もうこの際、何も考えずに出して、忘れてみます。

もし、最後まで読めた奇特な方がおりましたら、批評、感想、罵倒、何でもいただけると嬉しいです。

それでは良いお年を。
皆様にとって幸多い10年が到来します様に。

秘宝館の女王

wordpress、試しがてらちょろちょろいじってみてるので、
ブログのデザインがころころ変わりますが、お気になさらず。

さて昨日は、私たち夫婦がの修復のお手伝いをしている蝋人形のオーナーであり、
秘宝館の女王こと、奥村瑞恵さんのグループ展「NEO春画展」に行って来ました。

入魂の神社は二週間で制作したとのこと。
ご神体に手を入れると、ち○ま○ネイルをしてもらえます。
そして今となっては販売中止のプリントごっこの貴重な残り電球(ピカッ)で
精巧に作られた自家製お札も頂けたり、至れり尽くせりの内容です。

彼女の作品だけでも一見の価値アリ!展示期間はあと2日!
浅草橋のArt Lab TOKYOにて、2月13日まで開催中!

いやしかし、この展示を見て、やはりと言うかなんと言うか…。
同じ空間で「秘宝館」と「アート」を目前にしてしまうと、
秘宝館の方が断然楽しめてしまうこの現実。。。
や。もちろん、楽しい面白いだけがアートではないのだけど
サービス精神って重要だよな〜、と。
秘宝館の面白さって、アートに無縁で無意識過剰な館長さんの規格外の発想が
「え!そんなアホらしいもん作るの?ま~仕事だからいっか」っていう業者さんの
これまた自意識なんてものが絡み様のない超現実な現場の精巧な手技に於いて
館長の歪みそのままに具現化されてしまう、というオソロしさに尽きると思うんですよね。
発注だからこそ、制作過程が異常にカラッとしていて、業も抜けるというもんだし。
一方、アート界は、、、自意識の不良債権(ⓒ渋谷直角)、という印象。。。
かくいう自分もファインアートやってた頃は自家中毒気味な作品を作っていたもんな。
商業美術でサービス精神旺盛にポップなことやってた方がスッキリ伝わってるもんな。
平たく言えば、作品にも社会性が必要ってだけの話しなのかもしれませんが。
まあ単なるボヤキです。難しい問題です。失礼をばいたしました。