『DIME』18年3月号立体イラスト撮影メイキング

今発売中の『DIME』18年3月号に、立体イラスト掲載して頂いています。
投資運用に関する内容なので、興味をお持ちの方はご覧になってみてください。

掲載ページは2色刷りなのですが、元のカラー写真があまりに素晴らしかったので、
編集の方にお願いして写真を頂戴し、掲載許可をいただきました。

こちらです!

…神業!
の一言に尽きます。
ついつい見とれてしまいます。

天使を吊り下げつつ、壮大な光の効果や、ドライアイスでの雲の表現等、
無理難題の雨あられなのに、見事に全てクリアして頂きました。

大きな照明機材をあっちにこっちに動かしながら、
時間をかけて丁寧に光の調整をしてくださり、その上で、
いい塩梅のスモークが撮れるまで、何回もシャッターを切って下さいました。

今までも、いろんなカメラマンさんに凝った撮影をして頂きましたが、
今回ばかりはもうホント、光の魔術師かと思いましたよ。感謝です!

2色刷りの掲載ページは、こんな感じに仕上がっています。

雰囲気は出ているものの、当たり前ですが、限界はありますよね…。

雲はドライアイスで表現しています。

この水の入った状態で、スモークだけを被写体周辺に残しつつ、
写真には写り込まないように、鍋をえっさかえっさか動かすのですが、
私、ついつい急いで動かして、立体に水をぶちまけてしまい…、
すっかり足を引っ張っておりました(幸い立体は無事でした)。

そして、サブカットとして、こんな絵面も撮りました。

ヤバイです(笑)。
こちらは毒にも密にもなり得る仮想通貨の警告を促すカット。
同じ立体とはいえ、見事にハマったので笑いました。

というわけで、ブツ撮りマスターあってこその立体イラストでございます。
素晴らしいカメラマンさんの手にかかれば、こんな世界も作れてしまいます。
皆様も、これだというテーマがあったら、是非挑戦なさってくださいね。