だいぶ出遅れましたが…

既に半月過ぎてしまい、このタイミングでなんですが、、
あけましておめでとうございます!

カルタとりに羽子板、いかにもお正月らしい絵柄ですが
こちらは、年賀状のためのオリジナル制作ではなく、昨年12月発行の
『お役立ちカタログ HEBELIAN Selection』冬号(旭化成)の表紙で
お使い頂いた立体イラストの、別カットなのです。

オリジナルはこちら!↓

オリジナルは、お正月らしく襟を正したくなるような構図ですね。
年賀状バージョンは、撮影中に何気なく並べたカットを面白がって、
カメラマンの方が撮影して下さったのですが、ちょっと配置を変えただけなのに、
くだけて茶目っ気たっぷりな雰囲気に変わるから不思議ですね。

こんな風に、1セット作るだけでも、シーンにあわせて色んなカットが
撮れるのは立体イラストの楽しいところです。
例えば、表1、表4、扉、目次等で全然雰囲気の違うカットを使いつつ
デザイン的な統一感も保てるので、なかなか使い勝手が良いんですよ。

今年もたくさんのお仕事お待ちしております。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

保存

保存

保存

保存

保存

『にほんのでんとう絵じてん』(三省堂)本日発売です!

『にほんのでんとう絵じてん』(三省堂)本日発売です!


子どもの頃大好きだった竹馬を作るの、とても楽しかったです!
私は「おばあちゃんのいる田舎」に行ったことがないので、こういう情景ちょっと憧れありますね。
けど、いまのおばあちゃんってもっと若いので、この方ひいおばあちゃんかも(笑)。

20年も続いているシリーズの新刊の、表紙立体イラストを担当させて頂きました。
知ってる様で全然知らない日本の伝統。
辞書で有名な三省堂さんからの発行なので、後世まできちんと伝えられる様、丁寧に編まれた内容です。

大人がちゃんと認識してお子さんに伝えられる様、大人向けの解説も充実しています。
例えば、「にほんの ぎょうじ」の章「けっこんしき」の解説では、
平安時代には「妻方が婿を認める婿入り婚」であったこと、
「鎌倉時代になり武家が登場すると、父権性が成熟していき、嫁入り式の婚姻が定着」した、等々、
なんとなくしか知らなかったことばかりで面白く、とても勉強になりますよ。

個人的には、「にほんの よそおい」の章なんか、着物について詳しく書かれていて、
イラストの資料としても非常に便利と思ったり。

最近は、ネットに留まらず、間違った認識で伝統を語られてる方が
多い様に感じるので、こういう本の存在って本当に大事ですよね。

3〜7歳向けなので、お子さんのいらっしゃる方、是非書店で覗いて見て下さい!